タイトルロゴ

※contents

オリジナルTシャツの注文

オリジナルTシャツの見分け方

オリジナルTシャツのプリント

オリジナルTシャツを自分で作る

イベントTシャツ

 

 

    オリジナルTシャツの見分け方

さて、オリジナルTシャツの見分け方のコーナーですが、ここで緊急のニュースが入ったのでページを一旦中断してオリジナルTシャツの見分け方2を紹介したいと思います。はい、嘘です。2なんてありません。というか2ってなんですか?全く理解できません!wwwwはい、すみませんでした(土下座)

まず、オリジナルTシャツで一番気にしておいて欲しいところは、「生地」ですね。Tシャツの素材というのは、基本的に綿100%で作られていると言うことが殆どです。しかし、化学繊維、ポリエステルなどが織り交ぜられたTシャツなども最近出てきていますね。勿論、綿100%の方が良いには違いないのですが、値段的にはポリエステルが含まれているTシャツの方が安かったと思います。しかし、ポリエステルというのは、吸水性、発汗性が高く、ユニフォームとか運動用に使う物ならポリエステルの使われた素材を使うのが一番よいでしょう。

生地の編み方にも色々とあって、天笠編みとか、スムース編みとかヘビーウェイトとか、色々あります(笑)これらの編み方によって風合いや触り心地がなどが変わってきますので、実際に自分で確かめて決めるのが一番かも知れませんね。

まず選ばなければならないのがベースとなる無地のTシャツですよね。この場合、最も厳しくチェックしなければならない所が1つだけあります。それは襟の部分です。何故なら・・・・!Tシャツって何回も着て何回も洗う物ですから、しっかりとした物じゃないと襟がヨレヨレになってしまうからです。よく子供の頃に親が選択してヨレヨレになってしまった服を「あんたはヨレヨレの方が好きって言ってたじゃないか」とか言われたりする事件が多発していますので、こんな事にならないようにしっかりと確認しておきましょうね(笑)特にクラスTシャツは学園祭などで着るものですから、作りが雑だとすぐに駄目になってしまします。

でもでも、素人には襟をしっかりチェックすることなんて難しいですよね。少なくとも管理人は3回くらいは失敗しました(笑)そうならないようにも失敗しないチェック方法を教えておきましょう!wwそれは、ただ1つ!襟の縫い方が固いTシャツを選ぶと言うこと!勿論このような縫い方でなくとも丈夫なTシャツというのはありますが、これを選んでおけば、まず失敗は無いという事です。冒険したい方はこのアドバイスはスルーして貰っても構いませんが、管理人と同じ慎重派は(チキンとも言いますww)アドバイスをよく聞いて選びましょうね☆とは言いつつ管理人は3回も冒険した勇者ですからね!wwwww

まぁ、オリジナルTシャツ・クラスTシャツに限らずに布製品とか織物などを選ぶときには、一番縫い目のチェックが大切です。縫い目がしっかりしているシャツというのは基本的に良いシャツです。衣類の場合、コスト削減するときには、真っ先にミシンなど、縫う工程で手抜きをします。手抜きとコスト削減は違いますが、このようなことになってしまっているのが事実なのです。このようなベースのシャツでオリジナルTシャツを作ってしまうと、何回か選択しただけで縫い目が解れてきたりする恐れがありますので、注意が必要です。

注目サイト

千葉 注文住宅

最終更新日:2019/1/29

 

 

Copyright(c)2008 T's Original.All Rights Reserved